ココロのバリアフリー計画 HEART BARRIER FREE PROJECT
ココロのバリアフリー計画
HEART BARRIER FREE PROJECT
CONCEPT
- 理念 -
ココロがあれば、バリアもフリーになる!
車いす・ベビーカー・お年寄りが、安心して出かけられる社会の実現

<理事長メッセージ>
NPO 法人 ココロのバリアフリー計画 理事長 池田 君江
NPO 法人 ココロのバリアフリー計画 
理事長 池田 君江
2007 年に起きた渋谷の温泉施設爆発事故に巻き込まれ車いす生活になりました。車いす生活になり初めてバリアにぶつかり、今まで当たり前に行っていたお買い物や食事にバリアという壁で行けなくなり最初は引きこもっていました。
そんな心身ともに疲弊していたとき、あるトレーニングジムのトレーナーに「行けない場所なんてありませんよ。段差、階段があったら自分が担ぎます。壁があったら壊しますよ」と言われ考えが180 度変わり前向きになれました。けれど、バリアフリーを掲げたお店でも「他のお客様の迷惑になる」と言われ、行くことのできる場所がわからなくなりました。そんなある時、ある飲食店と出会い、建物の構造上はバリアがあっても周りの少しのココロがあればバリアフリーを超える素敵なお店や場所になることに気づきました。障がいのある方・高齢の方・ベビーカーを利用する方が、心地よく安心して外出でき、困った方がいたら声を掛け合える世の中を目指し2013 年10 月に「NPO 法人ココロのバリアフリー計画」を設立し、ココロのバリアフリーを広める活動を行っております。

HEART BARRIER FREE
ABOUT
- ココロのバリアフリー計画について -

ABOUT - ココロのバリアフリー計画について -
障がいのある方もない方も居心地よく安心して過ごせる環境を目指して、活動を行っているNPO 法人です。建物の構造の全てがバリアフリーに整っていなくても、周りの少しのココロがあればバリアフリーを超える素敵なお店や場所になります。障がいのある方も状況は様々です。例えば、車いすのサイズも人によって違います。車いす利用の方でも数歩なら歩ける方、手すりがあれば階段も上れる方、お手洗いに手すりが必須な方、そうでない方など求めていることはそれぞれ違いますので、お店側が判断するのではなく、できる限りのお手伝いしますよというウェルカムなココロ、そしてバリア、バリアフリー関係なくお店と場所の詳しい情報(入口幅サイズ・段差数・トイレ幅サイズ・手すり有無等)、この2つがあれば、行く側が判断しコミュニケーションが取り合えます。ココロのバリアフリー計画の応援店には、ココロのバリアフリーステッカーを貼っていただきます。ステッカーを貼ることにより、スタッフの意識が向上し、声掛けに繋がり、お客様もお店の方にお願いしやすくなります。できる限りのお手伝いをしていただける、一緒に何ができるか考えていただける、そんなお店のココロがいま必要とされています。「何かお手伝いすることはありませんか?」、そのたった一言でココロが豊かになれます。そういうココロあるお店に加盟店になっていただいております。車いす・ベビーカー・お年寄りが、安心して出かけられる社会の実現を目指して活動をしていますので、よろしくお願いいたします。

HEART BARRIER FREE
MEMBERSHIP
- ココロのバリアフリー計画に支援したい方 -

ココロのバリアフリー計画の活動は、多くの方々からの支援によって賄われております。活動にご賛同いただける方は、ご支援・ご 協力を、心よりお願い申し上げます。
HEART BARRIER FREE
CONTACT
- お問い合わせ -